【最新】事業承継レポート-事業承継マーケットの動向と取り組むべき理由-

REPORT

このレポートを読むことにより、相続ビジネスの収益最大化のためのポイントがわかります

「年間6000件」。この数字は、経済産業省が発表した拡充後の事業承継税制の年間の申請件数予測です。今後毎年5000件を超える事業承継のニーズが確実にある一方で、事業承継を担えるプレイヤーがまだまだ少なく、特に弁護士や税理士、司法書士などは税制や法律の専門家でありながら取り組んでいる事務所が少なく、ブルーオーシャンといえます。まだまだ未開拓の領域である「事業承継」。本レポートでは事業承継のマーケットをマクロにとらえ、具体的に士業が事業承継のマーケットに参入する際にどのようなビジネスモデルで、どのようなターゲットを狙えばよいのか、その方法を船井総研の専門コンサルタントよりお伝えいたします。

このような先生方にご覧いただきたいレポートです

  • 事務所の顧問先が事業承継を考えている、という話を聞いた先生
  • 事務所の顧問先の社長に引退をしたいといっている人が増えてきた先生
  • 新しいビジネスモデルの開拓を考えている先生
  • 中小企業の事業承継の市場や時流を知りたい先生

目次

  1. 事業承継のマーケットについて
    1-1、事業承継マーケットのライフサイクル
    1-2、事業承継マーケットの現状
  2. 事業承継ビジネスモデルについて
    2-1、事業承継ビジネスモデルのターゲット
    2-2、コンパクト事業承継とは
  3. 事業承継研究会のご案内

本レポートをご覧いただく「メリット」

  • 事業承継の市場規模や市場概況が把握できる
  • 事業承継の取り組むべきビジネスモデルがわかる