士業と事業承継マーケットの現況

REPORT

このレポートを読むことにより、相続ビジネスの収益最大化のためのポイントがわかります

中小企業庁によると、2025年には日本企業全体の3分の1にあたる127万社が、後継者不足などによって廃業リスクに直面すると試算されており、大きな社会的損失になるといわれています。その中で、今後事業承継のコンサルティングを必要とする企業が多くなっていきます。そして、事業承継の担い手として、士業の先生方にスポットライトがあたっており、一方でまだ取り組みをしている事務所が少ない状況で、今から取り組めば先行者利益を獲得できます。事業承継のマーケット状況と時流、そして取組みをするために必要なことをまとめたレポートを船井総研が無料でご提供いたします。

このような先生方にご覧いただきたいレポートです

  • 相続に加えて、新たに事業承継に取組まれたい先生
  • 新マーケットの開拓を検討している先生
  • もともとBtoBの業務に取り組まれている先生で、次のマーケットでのシェア獲得を目指したい先生
  • 顧問先から事業承継の話が出てきて、どうすべきか悩んでいる弁護士・税理士の先生

目次

  1. 事業承継分野市場環境
    1-1、高齢化社会に伴う、経営者の高齢化
    1-2、事業承継の相談案件の状況
  2. 事業承継分野競合環境
    2-1、事業承継マーケットの競合状況
    2-2、事業承継を放置することによる社会的損失
  3. 事業承継分野市場環境
  4. 事業承継分野士業環境
    4-1、親族内承継への取り組みをメインに
    4-2、士業の強みを活かす事業承継戦略
  5. 事業承継事務所創り 3か年ビジョン
  6. 取り組みのステップ

本レポートをご覧いただく「メリット」

  • 事業承継の現在の市場環境について把握できる
  • 事業承継マーケットに取り組むうえでの競合について把握できる
  • 事業承継マーケットを士業の先生が取り組むメリットがわかる
  • 事業承継分野への取り組み手法を学べる